Event is FINISHED

【参加無料!】地方創生を構造化せよ vol.1 都知事選にも出馬、小野たいすけが語る!地方創生における都市と地方の関係性

Description
社会問題を考えるオンラインコミュニティ、リディ部で「地方創生」を考えるシリーズ企画がスタート!!

「地域活性」や「地方創生」がブームとなる今、地方への移住を考える人や、地域起業に挑戦する人が増えています。地方創生の取り組みをうまく進めていくためには、行動力はもちろん、地域の構造的な課題を理解し様々な関係者を巻き込む力が必要です。
リディ部では、第一線で地方創生に取り組む方々をゲストにお招きして、様々な角度から「地方創生」に切り込んでいくシリーズ企画がスタート!シリーズを通して、地方創生に取り組む上でカギとなる「構造的な視点」や「事業の作りかた」「人の巻き込みかた」を学んでいきます。
第一弾は無料の公開企画として、第二弾・第三弾はオンラインコミュニティ「リディ部」の限定企画としてお届けします!
※リディ部についてはこちらから https://ridilover.jp/ridibu/

【テーマ一覧】
第一弾:地方創生における都市と地方の関係性
第二弾:南相馬から学ぶ、地域課題を解決する事業の作りかた
第三弾:「日本初、マーケティング専門官」から学ぶ データから見る関係人口戦略と地域おこし

第一弾のゲストは、元熊本県副知事で都知事選にも出馬された小野たいすけさん。
熊本県副知事時代には、みなさんお馴染みのゆるキャラ「くまモン」を全国に広め、一大ブームを巻き起こしました。
都知事選では、東京、日本全体の活性化のためには、東京から地方へ、そして地方から東京へお金・人・モノが循環する仕組みづくりが必要だと訴え、地方の視点も踏まえて都政を語った小野さん。
今回は地方創生に取り組む上で理解しておきたい地域課題の構造や、「都市と地方の関係性」について小野さんと一緒に考えていきます。


■イベント詳細
地方創生を構造化せよ vol.1
都知事選にも出馬、小野たいすけが語る!地方創生における都市と地方の関係性


【日程】11月11日(水) 20:00~21:30
【場所】オンライン
【出演】小野泰輔さん(元 熊本県副知事)・安部 敏樹(株式会社Ridilover 代表取締役/一般社団法人リディラバ 代表理事)
【参加方法】無料でご参加いただけます!お申し込みいただいた方に、視聴URLをお送りいたします。
※アーカイブでもご視聴いただけます!アーカイブ視聴をご希望の方も、本Peatixページよりお申込みください。

こんな人にオススメ💡
✔️ 企業や自治体で、実際に地方創生・地域活性に取り組んでいる
✔️ 地域の課題の構造・背景を知りたい
✔️ 地方在住・出身で地域の課題を実感したことがある
✔️ 地域課題の解決に挑戦したい、課題解決のヒントがほしい
✔️「地方創生」「地域活性」に関心がある

■ゲストプロフィール
小野泰輔さん(元 熊本県副知事)


1974年東京都目黒区生まれ。
東京大学法学部卒業後、アクセンチュア株式会社、衆議院議員公設秘書等を経て、2008年熊本県政策調整参与に就任。2012年、当時38歳の時に熊本県副知事に就任。3期12年の任期を終え、2020年6月に退任。東京都知事選挙に出馬(4位)。新たな道へ挑戦。

■シリーズ企画・続編ラインナップ

《第二弾》
地方創生を構造化せよ vol.2
地域課題からビジネスを創出!南相馬から学ぶ地域おこし ~津波と原発の街からの復興~

【日程】11月25日(水) 20:00-21:30
【ゲスト】和田智行さん(小高ワーカーズベース代表)

南相馬市小高区生まれ。ITベンチャー勤務を経て独立。2005年、ITベンチャーの役員就任と同時にUターンし、東京の2社の経営にリモートワークで参画するライフスタイルを確立。2011年、原発事故により自宅が警戒区域となり、家族とともに避難生活を送るも、2014年に小高区にて避難区域初のコワーキングスペース事業を開始。その後、食堂や仮設スーパー、ガラスアクセサリー工房、起業家の誘致育成など、小高区住民帰還の呼び水となる事業の創出に取り組む。2014年 AERA 「日本を突破する100人」選出。

2011年の東日本大震災・原発事故で大きな被害を受けた南相馬市で震災後、ゼロから事業を立ち上げ地域課題の解決に貢献されてきた和田さんに、これまでに取り組んできた事業や「地域おこし」の仕組みづくり、そして南相馬ならではの課題とその解決について伺っていきます!地域で課題解決に取り組みたい人、必見です👀

《第三弾》
地方創生を構造化せよ vol.3
日本初、「マーケティング専門官」から学ぶ データから見る関係人口戦略と地域おこし

【日程】12月2日(水) 20:00-21:30
【ゲスト】田鹿 倫基さん(日南市マーケティング専門官)


宮崎県日南市で日本初のマーケティング専門官として活躍されている田鹿倫基さん。油津商店街をはじめとした日南市での成功事例、また失敗事例をもとに実際の統計データを見ながら地域おこしの事例を分析していきます。地域に限らずあらゆる仕事で必要になってくる統計やデータ分析について、リアルな地域のデータを見ながら一緒に学んでいきましょう!


■リディ部って?
社会問題を考えるみんなの部活動「リディ部」は、『誰かの困りごとを、次の時代の手がかりに』を合言葉に、社会問題について学び合うオンラインコミュニティです。
社会問題の解決には、問題を「社会化」する(誰かの困りごとを、みんなの問題としてとらえる)ことが最初の一歩だと、私たちリディラバは考えています。そしてそれに欠かせないのは、その社会問題に関心をもっている「フォロワーの存在」です。
社会の中に、フォロワーの輪を広げていきたい。
しかし、社会問題は一見すると、むずかしく、とっつきにくく思えることも多い。
ならば、ひとりじゃなく、みんなで考えよう!ということで、「みんなの部活動」をスタートする運びとなりました。

「リディ部」では、主に、水~金曜日の夜におこなうライブ勉強会と、週末のオンライン自習室、社会をよくするプロジェクト、Facebook非公開グループでのコミュニケーションを活動の中心としています。

リディ部 3つのポイント
📌 いま社会で起こっている問題に対して、偏りのない知識を得られる
📌 フラットな場で発言することで、知識が自分の身になる
📌「社会問題」は、実はとっても面白い!

「リディ部」について詳しく知りたい方はこちら!
https://ridilover.jp/ridibu/ 

■主催
株式会社 Ridilover/一般社団法人 リディラバ
HP:https://ridilover.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/Ridilover
Twitter:https://twitter.com/ridilover
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCLiA0YpMlJdUH_K7n9-kMiQ

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#814400 2020-11-10 13:52:55
More updates
Wed Nov 11, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
Ridilover(リディラバ)ー社会課題を、みんなのものにー
3,694 Followers
Attendees
254

[PR] Recommended information